立春が過ぎて

今年も、あっという間に1月が終わって、2月に入って立春(2月4日)も過ぎてしまいました。昨日、東京へ出かけていましたが、寒いとはいえ、もう梅の花が咲き始めていました。こちら豊野はというと、蕾にもなっていませんが、少しづつ膨らんでいるのが解るようになりました。この冬はたしかに寒いのですが、雪はそれほどでもなく、今朝もせいぜい10cm。ちょこちょことは降るんですが、ガツンと積もることはなく、除雪車もやや手持ちぶたさ風でPに待機しています。
日差しが強くなるのが実感でき、春に向かって、生き物たちも動き始めています。外の農作業も始まり、これからリンゴはじめ果樹の整枝作業がピークになります。森里ファームも今年用のタネや肥料などの資材を揃え中。あと1週間もすれば種まきが始まります。
ところで、先月31日は、久しぶりの皆既月食。スーパームーン(月の軌道が地球に近づき満月が大きく見えること)、ブルームーン(月に2回満月になること)、ブラッドムーン(月食中に赤い月が見られること)が重なるスーパーブルーブラッドムーンと騒がれてたのですが、前日の予報では、当地は曇り。でも、当日の朝は快晴で、ちょうど小太郎の散歩の時間(7時過ぎ)に日の出が見られたので、今夜はいけるかもと期待。月が出る6時頃は、結構クリアな晴れ空でしたが、9時をすぎると少しずつ薄雲が・・・それでも雲に隠れることはなく、長い月食ショーが見られたのでした。私は、寒いので、空を仰いだのは数分でしたが・・一応、古いカメラで撮ってみました。

日の出が早くなりました(2018年1月31日7:18、長野市豊野町大倉)

スーパーブルーブラッドムーン(2018年1月31日22:55、長野市豊野町大倉)

 

カテゴリー: 2018年, その他, 地域の暮らし, 豊野の風景 | コメントする