2018年 迎春

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 今年も、昨年同様、よろしくお願いいたします。

初日の出は拝めませんでしたが、比較的温かい新年を迎え、平成三十年が始まりました。ここ、豊野町大倉の3つの集落の住民が氏子となっている大倉諏訪社では、大晦日の深夜から元旦の未明まで2年参りが行われます。私も、お参りにと思うのですが、どうにも毎夜10時前に襲ってくる睡魔に勝てず。目が覚めたのは、夜明け前。
元旦の朝7時前、誰もいない神社で、お賽銭を上げ、お参りを済ませました。去年、一昨年の元旦前後のブログを見たのですが、いずれも雪は無し。やっぱりこの冬は寒くて雪が多めですね。ちょうど7時がこちらの日の出の時間でしたが、残念ながら、東の山々は雪雲の中。でもまあ、穏やかな朝ではありました。
写真は、1月2日の朝の諏訪社。昨日は、スマホを忘れていたので、今朝、小太郎とともに行って、パチリしてきました。元日は、本殿には日の丸が掲げられていたのですが、今日はいつもの境内に戻っていました。

大倉諏訪社(2018年1月2日朝、長野市豊野町大倉)

カテゴリー: 2018年, その他, 地域の暮らし, 豊野の風景 パーマリンク