夜明けも早くなって

終りが近い福寿草の花と膨らんだトサミズキの花芽(森里ファーム、2018年3月17日)

こちらでの日の出が6:00を切るようになりました。
ちょっとご無沙汰でしたが、3月上旬はちょっと旅行に行ったり、東京で仕事をしたり、確定申告をしたりと慌ただしく過ぎました。確定申告といえば、今年は締切の15日までもつれ込む始末。日頃、きちんと記帳していれば良いのですが、締切間際にエイヤとやり始めるので、いろいろと問題が。ただでさえ、簿記というものが苦手なのに、チェックしていると勘定科目やらいろいろと間違いが発覚して・・。悪戦苦闘して直している最中に、国税庁の長官が文書書き換え問題で辞職したり・・こっちは1円合わせるのに真面目に書き直ししてるんですが、こんなニュース聞いたら、怒りもですがやる気消沈しますよね。そのせいも(きっと)あって、e-taxで申告書を送信したのは締め切り当日でした。
さて、外は確実に春がやってきて、いろんな木の芽や蕾が膨らんできました。長いこと咲いていた福寿草の花も身を付け始めて終了間近。トサミズキの花芽(写真の手前)がぷっくり膨らんできました。
畑仕事もあちこちで始まって、森里ファームでも、来週から堆肥入れです。冬を越したタマネギは、大きくなり始めました。苗が大きかったので、薹立ちしないか不安ですが、生食用の早生タマネギを、GWに向けて多めに作っています。

カテゴリー: 2018年, その他, 地域の暮らし, 豊野の風景 パーマリンク